植物天然オイルの種類

多くの人気美肌化粧水には数種類の天然植物オイルとヒアルロン酸などが配合されて潤いを実感することがでるようになっていました。

天然オイルの種類としてはオリーブ油、マカデミアナッツ油、ホホバ種子油、シア脂、ローズヒップ油、植物性スクワランなどがあります。

天然植物オイルは、自然化粧品(オーガニックコスメ)の成分として昔から使われています。

オイルごとにさまざまな特徴があり、オリーブ油などの高粘性のものや、触感がさらっとしているマカデミアナッツ油など、多岐に渡ります。

それらの粘性や保湿力、感触などから配合を決め、スキンケアやエイジングケアに適した商品にしているのです。

また肌に必要不可欠であるヒアルロン酸を同時に配合し、その高い保湿力によって年齢を重ねた肌に潤いを与えているのです。

しかし最新の、最先端のエイジングケアは幹細胞エキス配合化粧品と言えるでしょう。

腐らないリンゴの幹細胞エキスを配合することで、年齢と共に減少する人間の幹細胞を補うのです。

幹細胞の不足はすなわち、シワ・たるみ・乾燥など肌トラブルの原因となるのです。

以下のリンクから公式サイトのお試しセット通販情報をどうぞ!

>>≪14日間お試し≫エイジングライン トライアルキット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。